カラオケ教室 大分

ギター及びピアノ弾き語りで大切なこと

2014/12/20

今回は、ギターやピアノで弾き語りをする上で、大切なことについて、書きたいと思います。

 

ギターやピアノを演奏するときには、大きく分けて、2通りの方がいると思います。

なるべく原曲に近い形で演奏をコピーする派と独自の弾き方で演奏する派。

私は、後者のほうです。最初は、ギター弾き語りから始めたのですが、当初はコピーをしていましたが、なかなか原曲と同じように演奏するのが難しく、いつしか、自分のできる範囲での弾き方に移行して行きました。練習に根気がなかったのも理由だと思います。

一方で、原曲を忠実にコピーして演奏できる方もいました。センスもあったのでしょうが、相当練習をしたと思います。

ピアノについても同様なことが言えます。

ただ、ピアノは、クラッシックピアノをやっている方と、私みたいに、コード弾きしかできない人がいます。

一般的な傾向として、クラッシックピアノを小さい頃からやっている方は、楽譜通りに弾くことが得意で、意外とコードのことをあまり知りません。もちろん、コード弾きができる方もいます。逆に、私みたいに、コード弾きしかできない人は、楽譜通りに弾くことが苦手です。一番いいのは、ギターでもピアノでも、楽譜通りにも弾けて、コード弾きもできるのが理想です。私も、いつかは、クラッシックピアノが弾けるようになれたらいいなあと思っています。

 

前置きが長くなりましたが、弾き語りをすることで一番大切なことは、ボーカルを引き立てる伴奏が出来ることだと思っています。私は、弾き語りは、ボーカルがメインだと思っています。音量的にも、ボーカルのほうがギター、ピアノより大きめのほうが良いと思います。

ギターやピアノを楽譜通り弾くことやテクニックを重視しすぎて、声が小さくなったり、おろそかになることが一番いけないことです。弾き語りは、ボーカルで聴く人を感動させることが大切です。(賛否両論有りますが・・・)

 

たとえ、ギター、ピアノがコード弾きしかできなくて、あまりテクニックがなくても、自分のできる範囲で演奏すればいいと思います。コード弾きの良い点として、主なコード(10種類くらい)を覚えてしまえば、どんな曲でも、弾き語りができることです。

 

これから、ギター、ピアノで弾き語りしたいと思っている方で「自分には難しいのではないか?」と思っている方は、コード弾きを練習すると良いと思います。楽譜を見ながら弾かなければいけないと思うと敷居が高くなってしまいます。コード弾きだと、だいたい3ヶ月から半年くらいで簡単な曲が弾き語りできるようになると思います。

 

<<戻る

お試し体験レッスン受付中 お気軽にお問い合わせください 070-5817-1475 メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
    無料体験の受付は↑のバナーをクリック!
    24H365日レッスン自動予約可能!
  • うまく歌うポイント

Information

IKEカラオケスクール
〒870-0822
大分県大分市大道町2丁目7番30号
アンバサダー豊栄 308号室

カラオケ教室をお探しなら大分のIKEカラオケスクール。Skypeを使って全国どこでもボイストレーニングが受けられます。

  • お試し体験受付中 070-5817-1475
  • メールでお問い合わせ
  • アメブロ
  • ライブドアブログ
  • Facebook
  • twitter
  • YouTube

ページの先頭へ