カラオケ教室 大分

上手く歌うためのコツ(抑揚編)

2014/12/06

本日、50代の男性の生徒さんのボイスレッスンがありました。

その中で、生徒さんにお伝えした、上手く歌うためのコツを紹介します。

 

今日は、「別れの朝」(高橋真梨子)をじっくりと歌唱指導しました。

歌をうまく聴かせるためには、曲全体を通して、1本調子にならないようにすることが大切です。

この生徒さんは、音程もいいですし、声量もありますので、私もより高いレベルを求めています。

 

基本的な発声ができるようになったら、あとは、いかに聴く人に感動をお与える歌い方をするかです。

「別れの朝」の構成は、Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、サビ、Aメロ(1部) です。

 

生徒さんは、全てのフレーズをほぼ同じ声量で歌っていたので、次のように歌うように指導しました。

 

1番のAメロ、Bメロは、少し小さめで、言葉を大切に歌うこと。特に子音を意識して歌う。

1番のサビは、Aメロ、Bメロよりは、大き目の声量で歌う。

2番目のサビが、この曲で一番盛り上がるところなので、ここで、一番大きな声で歌うこと。

そして、最後のAメロの1部は、静かめに歌い、曲を締めくくるという感じです。

 

1番と2番の声の音量を変えて歌うこと、A,Bメロとサビの声量を変えて歌うこと、これが歌に抑揚をつけるひとつの方法です。

もちろん、1フレーズの中で抑揚をつけることも重要ですが、曲全体と通して、抑揚をつけることも重要です。

 

 

<<戻る

お試し体験レッスン受付中 お気軽にお問い合わせください 070-5817-1475 メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
    無料体験の受付は↑のバナーをクリック!
    24H365日レッスン自動予約可能!
  • うまく歌うポイント

Information

IKEカラオケスクール
〒870-0822
大分県大分市大道町2丁目7番30号
アンバサダー豊栄 308号室

カラオケ教室をお探しなら大分のIKEカラオケスクール。Skypeを使って全国どこでもボイストレーニングが受けられます。

  • お試し体験受付中 070-5817-1475
  • メールでお問い合わせ
  • アメブロ
  • ライブドアブログ
  • Facebook
  • twitter
  • YouTube

ページの先頭へ