カラオケ教室 大分

歌心のある歌い方のコツ

2014/12/05

今回は、「歌心のある歌い方のコツ」をお伝えします。

ボーカル講師にとって、歌心のある歌い方を教えるのが一番難しいことのひとつです。

「歌心」、すなわち、感情移入ができている歌い方です。

そのためには、以下の点に注意して歌うと良いです。

 

●言葉を丁寧に歌う

言葉ひとつひとつを大切に歌う。S,T,H等の子音をはっきりと発音する。

●サビとサビでない部分の強弱を付ける

曲の構成としては、Aメロ、Bメロ、サビというのが、基本的な構成ですが、例えば、このような場合は、Aメロを少し弱めに歌い、Bメロで少し声量を上げ、サビで強めに歌うというように、曲の中でも、強弱を付けて歌うと表現力が豊かになります。

●1番と2番で強弱を付ける

これは、あまり大きく差をつける必要はないのですが、1番よりも2番のほうを強めに歌うほうが良い曲が多いのが一般的です。大切なのは、曲全体をどのように、抑揚をつけて歌うかが大事です。

●フレーズの語尾をしっかりと伸ばす

フレーズの語尾のぶつっと切れないように、しっかりと伸ばすことが大事です。伸ばしすぎるくらい伸ばしても良いです。

●フレーズの中での強弱を意識して歌う

一般的には、フレーズの入りは弱めに入り、半ばで盛り上げ、最後の部分で、また弱める。専門的には、クレシェンド、デクレッシェンドをうまく行うということです。

●ビブラートを使う

最後に、うまく歌うには、ビブラートの技術を身に付けると良いです。詳細は、以下のURLをご参照ください。

http://www.ikevocal.com/news/2014/11/post-16.php

 

まだまだ、歌心のある歌い方のポイントはありますが、上記の事が、1つでも2つでもできるようになると、聴く人にうまく聴こえるようになると思います。

 

 

<<戻る

お試し体験レッスン受付中 お気軽にお問い合わせください 070-5817-1475 メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
    無料体験の受付は↑のバナーをクリック!
    24H365日レッスン自動予約可能!
  • うまく歌うポイント

Information

IKEカラオケスクール
〒870-0822
大分県大分市大道町2丁目7番30号
アンバサダー豊栄 308号室

カラオケ教室をお探しなら大分のIKEカラオケスクール。Skypeを使って全国どこでもボイストレーニングが受けられます。

  • お試し体験受付中 070-5817-1475
  • メールでお問い合わせ
  • アメブロ
  • ライブドアブログ
  • Facebook
  • twitter
  • YouTube

ページの先頭へ